地域 店名 解説
巣鴨 手打ちそば 菊谷 普通に手打ちの香り豊かな蕎麦をいただくのもいいが、こちらは日本酒のラインナップはもとより、“蕎麦前”にも力を入れており、手の込んだ酒肴が揃う。特に蕎麦屋酒のセット1,500円や菊遊御膳2,000円(要予約)はいろいろ味わえてお得。
巣鴨 加瀬政 旬の素材を活かした鍋物、特にタラのジャッパ鍋やあんこう鍋で有名な和食店。季節としてはもちろん冬がおすすめだが、オールシーズン食べられる鴨の親子丼1,550円や桜肉のコースにもファンが多い。
北区滝野川 寿司一 特別安いわけでも、変わった料理を出すわけでもないが、鮨ネタそのものに、見えないところで手間暇をかけた江戸前の神髄が味わえる。普段遣いとしては高レベルの、実に真っ当な鮨屋。
西巣鴨 千通食堂 こちらも赤酢を使ったこだわりの鮨店。味は銀座の高級店並みだが、構えはグッと庶民的。カウンター6席、しかも飲み物はセルフサービスという徹底ぶり。寿司はおまかせのみで8,000円。高いか安いかの判断はご自身で。
北大塚 天平食堂 姉妹サイトの「アラカン」ではないが、まさに“昭和遺産”と呼びたくなるような、70歳を超えた老夫婦が営む歴史ある大衆食堂。東京ラーメン500円は、誰もが元気だったあの頃の味。
巣鴨 すがも 田村。 「昼のみ」ができる店として、都内では銀座や神田店が有名な三州屋の本店。飲むだけでも食事だけでもOK、しかも安いという大衆割烹の王道。定食は750円〜1,000円。
巣鴨 ときわ食堂 地蔵通り商店街の名物食堂であると同時に、暖簾分け30軒以上という定食屋の鏡。そして、一部では「昼のみ」の聖地としても有名。そんなニーズを察したかのような「ミニ盛り」メニューは、ポテサラ150円、アジフライ一尾150円など、感激モノの安さ。
巣鴨 古奈屋 巣鴨本店 近年あちこちに出店して、以前のような「ここでしか食べられない」店ではなくなってしまったが、改装してモダンになっても、エプロンをつけるようになっても、値段がかなり高くなっても、どこか安らぐ雰囲気や、辛さの中にもまろやかな風味は健在。
「巣鴨グルメ」メニューページに戻る
ページトップへ戻る